• ホーム
  • 記事をプロライターに頼んで経過を見る

記事をプロライターに頼んで経過を見る

2019年07月29日
パソコンとスマホを弄る人

定期的にアクセス数を伸ばすためにはさまざまな方法があります。しかしwebサイト作りに慣れていない、サイト作成に時間が取れないなどが原因で、伸びが悪いときはプロライターに記事作成を頼んでみるのもおすすめです。プロライターは高品質のコンテンツを作ることを生業としてるので、外注して経過を見ることもできます。

記事をプロライターに頼むには、メリット・デメリットを把握しておくことが大事です。記事外注によるメリットは、なんといっても時間と労力の軽減です。コンテンツマーケティングには、記事を作成するために大きな時間と労力を必要とします。サイト作成に時間をかけられないからといって、急いで作ると低品質なコンテンツになってしまいます。

他にも更新頻度を上げる、取り扱いコンテンツが増える、などです。更新頻度は前述の通り、プロライターに頼むことで時間の短縮が可能となり、短期間で多くの記事を更新できます。取り扱いコンテンツが増えるというのは、プロライターのなかにもそれぞれ専門性の高いものが作れるライターがいます。そのためこれまでよりも、関連性と専門性の高いコンテンツを配信することができます。

プロライターに頼むデメリットはアップするまでのタイムラグ、低評価のコンテンツになる、費用がかかることです。最悪の場合は他サイトからのコピーコンテンツ、という場合もあります。そうなればGoogle評価や検索順位が下がり、アクセス数も伸びません。費用に関しては安い場合はそれ相当の品質になることもあります。

しかしこのデメリットは外注するプロライターの見極めや依頼の仕方で回避可能です。プロライターに記事を頼むときは、コンテンツ内容の要件を的確に伝えることです。依頼する場合はどのようなコンテンツでサイトから何を伝えたいのか、どんなユーザー向けなのか、記事の文字数、言い回し、構成、キーワード、NGワードだけでも伝えます。最低限これだけは押さえておくことで、一般的なプロライターであれば納得できるサイトに仕上がります。特にキーワードは検索サイトからの流入が多いので、記事の文字数に適したキーワード数を依頼します。

検索流入はユーザーがGoogleやYahoo!などを使って検索する場合にヒットする自然検索と検索結果ページに表示される検索連動型広告、SNSによる流入経路があります。自然検索では流入を伸ばすことで、PV数が右肩上がりになります。アクセス数アップを意識する記事を依頼するには、自然検索に必要なキーワードを複数入れてもらうことを要件のひとつとして依頼します。プロライターに頼む際にも執筆のみなのか、検索流入に効果的なキーワード選定、テーマ設定など発注の仕方によっても依頼先が異なります。