• ホーム
  • 被リンクを増やせばアクセス数は必然と増える

被リンクを増やせばアクセス数は必然と増える

2019年06月25日

アクセス数を伸ばすには被リンクもメリットがあります。被リンクとは外部のサイトに貼られたこちら側のリンクで、検索順位があまり高くない場合でも他サイトから繋がってきます。

SEO対策の一つとして内部リンクと被リンクである外部リンクがあります。内部リンクは同じサイト内で、関連する記事を紹介するものです。そのためサイト自体を閲覧してもらわなければ、意味がありません。しかし被リンクの場合は外部サイトからのアクセスなので、さまざまな方向からアクセスしてもらいやすくなります。外部対策である被リンクの重要性は検索順位が上昇Google評価など、アクセス数アップと深く関係しています。

Googleの評価を上げるには、まず第一にペナルティを科せられないことです。ペナルティは検索順位の下落やインデックスの削除などの対象となり、アフィサイトにとっては大ダメージとなります。ペナルティとなるものは、重複したコンテツが多く、無断転写などを異なっている質の低いコンテツや不自然なリンクを貼っているサイトです。

SEO外部対策を行うのであれば、サイトの信用性を損なうことのない、ユーザーにとって価値のある記事を作ることです。被リンクを増やすことでアクセス数が増えるのは必須となります。そのためには間違った被リンクを獲得するのではなく、ナチュラルな被リンクが大切になります。

外部対策の重要性は、SEOスパムや質の低いリンクを対象とした評価調整であるGoogleのペンギンアップデートされた現在でも重要視されています。ペンギンアップデートによって低い評価をつけられたサイトを貼ると、ペナルティの対象となるだけでなく、信用性も失ってしまいます。

高い評価を得る良質な被リンクは、ナチュラルリンクとも言われ、分散IPアドレスや分散ドメインからのリンク、コンテンツが専門性の高いドメインからのリンクなどになります。また、リンク同士繋がったコンテンツは関連性があるものでなければ評価されません。自然なリンクにするには関係のあるコンテンツであることが必須です。

だからといって意図的に大量の相互リンクを貼ることは、得策ではありません。Googleアルゴリズムは意図的な相互リンクを判別できるので、最悪の場合ペナルティ対象となる場合もあります。ネットの普及により、アクセス数を伸ばすための有償リンクもありますが、これはナチュラルリンクではないので、利用しないようにします。